いい家の条件「構造」

生涯の住まいを考えた時に、新築の注文住宅を検討される方がいることでしょう。誰しもがいい家を建てて、そこに家族と共に長く住まい、幸せな時間を過ごすことを願っているものです。いい家を建てるためにはいくつかの条件がありますが、その中でも特に住宅の「構造」はとても大事なものになります。住宅の「構造」は、建物の骨組みにあたるものになりますから、耐久性にも深く関係することになりますので、慎重に選びたいものです。
この住宅の「構造」には、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがあります。新築の注文住宅を建てたいとお考えの方は、まず3つの「構造」の特徴の違いを、しっかりと把握されておくのがいいでしょう。例えば木造の場合ですと、他の鉄やコンクリートと比べて木材の重量が軽いものですから、建物が完成した時の地盤への負担が小さいといわれています。そして、木材は加工がしやすいものですから、建物のデザインや間取りなどにさまざまなアイデアを活かすことができるでしょう。
鉄骨造の場合は、住宅用には主に軽量の鋼材が、建物の柱や梁などの主要な箇所に使用されており、強度に優れている鋼材になっています。鉄筋コンクリート造とは、強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートが組み合わせられた「構造」になります。建物の重量が大きいものですから、地盤にかかる負担が大きくなるため、強固な地盤にすることが大事となっています。
木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの「構造」には違いがみられて、それぞれに適した工法が提案されています。この工法にも特徴の違いがあって、三重県の工務店で新築注文住宅の設計や建築を依頼する先によっては、「構造」や工法に限られてしまうこともありますので、事前に確認されておくのがいいでしょう。
現在では、「構造」現場見学会を実施しているところが増えているといいます。完成した後では見れない部分を、実際に目で確認することができますので、足を運ばれてはいかがでしょう。

SNSでもご購読できます。