新築住宅には、耐震性は欠かすことが出来ない要素です。

定期的に発生する地震などの影響で、家の安全性に対する関心が高まっています。最近の新築住宅には、耐震性はなくてはならないものですし、一度建てた後に高めるのは限界がありますので、建てる前のしっかりした取り組みが重要です。少し前までなら、柱間の筋かいなどを増やしたり柱の継ぎ目を金物で強化するやり方が一般的でしたが、最近は様々な研究が進み、天井の重さを抑えて家の重心などを低くしたり、柱の間隔を等間隔にするなどの効果のある対応が織り込まれています。耐震性は他の家の機能よりは、有事の際には住んでいる人の生命に関わるぐらいに、大切なものです。家は新築の住宅ですと、最低でも20年は住み続ける可能性が高いですので、中でも安全性の高い家づくりは基本になります。そして、安全性の高い家は、家としての価値を高めてくれますので、担保物権としても特に耐震性の高さは評価されます。最近は大型の商業施設でも、耐震性を高めるためにも営業を制限しながら立て直しなどを行っていて、多くの人からも改めて建物としての機能の充実度が注目されています。

SNSでもご購読できます。