新築と中古住宅の違い

最近では三重県の中古住宅の数が多くなっているというのが問題となっています。したがって中古住宅市場の活性化に関して政府が支援をするという傾向があります。その中できになるのが新築と中古住宅のそれぞれのメリットになります。新築のメリットとしては、新しい建物に住むという満足感があります。これは理由の第一位となっていますが、譲れないという人も少なくありません。最新の設備が設置されていると言うことで、太陽光発電や家庭用蓄電池は中古住宅ではあまり見られることがありません。後付けできないと言うことになるとこれは非常に大きなメリットとなります。また中古と比べると新築の方が維持費が安いという傾向があります。それは高い断熱性や最新の設備などが関係しています。税制上の優遇を受けやすいという特徴もあります。登録免許税の軽減や新築の税制優遇がそのひとつとなります。設備や部材のトラブルも少なく保証期間が長いというのが特徴となります。

SNSでもご購読できます。