2016年 10月 の投稿一覧

耐震住宅について2

傾斜地に耐震住宅を建築したいときは、注文住宅の工務店に相談しましょう。傾斜地は工事が複雑で困難になる可能性が高いのですが、注文住宅の工務店は地域のネットワークを構成していますから、傾斜地の施工工事が得意な業者とも連携しています。傾斜地で注意したいのが、盛り土の部分の強度です。耐震住宅は新耐震基準をクリアできる建物です。一戸建ての床面積に相当する部分に、地盤強化対策をしてからコンクリート基礎を施工します。地盤が強化されていると、耐震性能にも効果的です。震度7の地震でも沈まないように地盤を強化し、震度7の地震でも倒壊しない構造体の建物を設計します。地盤と構造の相乗効果で、耐震住宅は適切に機能するといって良いでしょう。傾斜地はがけ崩れが心配ですが、地中深くに達するように鉄骨や柱状砕石で補強工事をしておけば、周囲の土砂が崩れて流れてしまっても一戸建ての建物はコンクリート基礎の上で倒壊せずに残ります。耐震住宅は、倒壊せずに残るのがポイントです。

耐震住宅について1

高台の分譲地を購入して、注文住宅を新築するのなら、耐震住宅を選びましょう。耐震住宅は、法律や条令の耐震基準を満たしている設計です。さらに震度7の地震が発生しても倒壊しない、新耐震基準をクリアさせられれば心強いです。地震対策で覚えておきたいのが、旧来の耐震基準が、一回の大きな地震に対して倒壊しない設計であるのに対して、新耐震基準では連続して発生した地震でも倒壊しない設計である点です。新耐震基準をクリアしていれば、地震の被害が発生した後でも、自宅で暮らせる可能性が高くなります。ガラスや壁はリフォームが可能です。重要なのは柱と梁がダメージを受けずに済むかどうかです。注文住宅の工務店によっては、地震発生時のメカニズムを把握したうえで、揺れそのものを軽減させられる装置をコンクリート基礎と木造土台の間に設置できます。注文住宅の耐震住宅は、構造体だけでなく、装置や設備も重要ポイントになります。予算に合わせて選べます。

理想のマイホームを手に入れ家族が笑顔で暮らせるようになりました

新築マンションを購入していから、生活の質が上がって、色々なことに快適さを感じられるようになりました。
例えば、うちのマンションの住戸は、玄関のところのライトが人感センサーライトになっています。夜に帰ってきて玄関ドアを開けると結構暗いのですが、人感センサーがあるため、反応してライトがつくので、スイッチを押さなくても明るくなり、歩きやすくなるのです。
買い物をして帰ってきて、両手がふさがっている時には、とても助かっています。
また、人がいない状態では少ししたら電気が消えますので、電気を消し忘れてしまい、無駄に電力を消費するといったことがなくて良いものです。
デザインが良かったことも快適さにつながっています。外観デザインだけでなく、住戸内も外観のデザインにマッチするシックでオシャレな造りになっていましたので、自分好みの家具との相性も良くて、毎日気持ち良く生活できています。前に住んでいたところでは、とても似合わない家具ですので、この家に暮らすのはとても気に入っています。

家を建てるハウスメーカー、工務店を選ぶには

ハウスメーカーか工務店か、選ぶ際に迷うのは、信用できるのかどうかということです。ハウスメーカーは、全国規模で知名度があるなどすると、なんとなく信用できそうな気がしてしまいます。また工務店は、小さな企業だとなんとなく不安になったりします。しかし実際にはそのイメージだけではわかりません。できれば、事務所や営業所に足を運んで、実際に話をしてみて自分で確かめるのが一番です。注文住宅を建てるときには、とくに信用の問題が一番大きいので、ハウスメーカーなら営業マン、工務店なら社長や職人さんがどんな人柄の人なのか、よく見てみることが必要です。ハウスメーカーは移動や転勤もあり、担当してくれた営業マンがずっとそこにいてくれるとは限りません。しかし、設計図などのデータはキチンと保管されていますので、住んでからの維持管理も安心感があるでしょう。工務店は社長や職人との距離が近く、いい人間関係ができれば、長くお付き合いできる業者を選びたいところです。一度関係がこじれると、その後の維持管理に支障が出ることになります。

住宅ローン借入可能額を増やす生命保険見直し法

三重県で住宅を新築する際に必須なのが住宅ローンですが、ローンの借入額を増やすために注目したいのが、生命保険の見直しです。
生命保険の見直しによって余裕が出ると、住宅ローンの毎月の返済額を増やすことが可能になります。例えば、固定金利1.56%で返済期間を35年と設定した場合、支払いが月額7万円であれば2250万円まで借り入れが可能です。これを、生命保険の見直しにより1万円余裕を持たせ、月額8万円を支払いに回すとすると借入総額は2580万円までに増やすことができます。こちらはあくまでも参考例ですが、頭金が少なく、新築を急いで立てる必要がある場合は有用です。生命保険は住宅ローンの次に大きな買い物と言われています。まずは、生命保険を中心としたキャッシュフロー計算書を作成することをおすすめします。大きなお金の流れを把握し、保険会社の作成したプランに頼らず、無駄を省いた形での生命保険契約に切り替えることで、念願のマイホームに一歩近づけるといえます。

家の間取りで後悔しないために

家を建てる時に、間取りを考えるのはとても楽しいものです。自分や家族の希望がたくさんつまっていて新しい生活が楽しみになるものです。しかし現実は予算との折り合いをつけて、希望していたものを削ったり取り入れてもランクを一つ下げて安いものにしたりしなければならなくなります。
そこで大切なのは、家族の生活に必要で大切なものであるかどうかを考えることです。理想があっても現実を考えると必要がないというものはあるはずです。また三重県、新築の間取りを決める時には、そこで暮らす家族の生活スタイルを考えることも必要です。
車を使用する生活をしているなら車を駐車するスペースをあらかじめ確保しておく必要があります。車を必要としていなければその分住居スペースとして確保することができます。
また窓の位置なども間取りを考える時に重要です。家の中には多く光を入れたいと考えて大きな窓をつけてしまうと夏に暑くなりすぎたり、冬は寒くなってしまうなどの問題も出てきます。
失敗しないためには実例を多く見て考える必要があります。

新築と中古住宅の違い

最近では三重県の中古住宅の数が多くなっているというのが問題となっています。したがって中古住宅市場の活性化に関して政府が支援をするという傾向があります。その中できになるのが新築と中古住宅のそれぞれのメリットになります。新築のメリットとしては、新しい建物に住むという満足感があります。これは理由の第一位となっていますが、譲れないという人も少なくありません。最新の設備が設置されていると言うことで、太陽光発電や家庭用蓄電池は中古住宅ではあまり見られることがありません。後付けできないと言うことになるとこれは非常に大きなメリットとなります。また中古と比べると新築の方が維持費が安いという傾向があります。それは高い断熱性や最新の設備などが関係しています。税制上の優遇を受けやすいという特徴もあります。登録免許税の軽減や新築の税制優遇がそのひとつとなります。設備や部材のトラブルも少なく保証期間が長いというのが特徴となります。

新築住宅には家具選びも大切です

新築の住宅には家具がついていることもありますが、大半の場合自分で好きなインテリアを選ぶことになります。お気に入りの家具などは現在住んでいる住居から持っていくこともできますが、住み替えによってサイズが合わなくなったりする家具も出てきます。ぴったりのサイズのものを手に入れるには、新たに購入する必要があります。新しい家には新しい家具を配置した方が、新生活を送る上でも便利になります。引っ越しを行う前にインテリアを配置することもできるため、入居してすぐに利用することができるようになります。内装にこだわりがある方なら、デザイナーなどと相談をして決めることもできます。またビルトインになっているタイプのものや、クローゼットなどは既に壁に埋め込まれていることもありますのでチェックしておきましょう。揃えるものが少なくなれば初期費用の削減にもなりますので、新築住宅を選ぶ際には同じ予算でも内容を気にしておくことが大切になります。

優れた大工への依頼に際して

地域内で高い評価を受けている大工に依頼して、三重県で新築住宅の建築をしてもらうことは、長期スパンで大きな満足感をもたらします。
優れたノウハウとテクニックを有する大工であれば、より多くのニーズを反映した家作りをしてもらえるのです。今までに携わってきた家作りの実績を踏まえて、自身のニーズを十分満たすだけの能力があるかしっかりと見極めていくことが鍵となります。
専門情報誌や住宅関連の情報誌・フリーペーパー等の掲載記事を参考にして、客観的な評価をしていくことも肝心です。実際に新築の住宅を購入して居住している人々のレビュー記事・体験談に目を通しておくことも有効策の一つとなります。
大工に依頼して進めてもらった家作りがどのようなメリット・デメリットを生み出しているのか、現実に即した判断をするためにも、多角的な情報の収集と分析・検討が欠かせない要素となります。
家族との暮らしを豊かなものにするためにも、こうした取り組みが重要視されます。

地元で信頼されている工務店で建てる家

住宅を新築するとき、ハウスメーカーを選ぶか工務店で建てる家を選ぶか迷いどころです。ハウスメーカーは住宅展示場などでどんな家ができるのか確認することができます。工務店で建てる家はそれができません。初めてその土地を買う場合には、工務店に直接聞いて外観だけでも作った家を見に行くことなどができます。長くその土地に住んでいる場合は、知り合いの家を作っている場合もありますので、使ってみての不具合なども直接の声を聴くこともできます。地元密着の工務店であればその土地の問題点なども熟知しています。過去に水害などがあれば床の位置などを工夫してくれたりなど提案もしてくれます。災害が起きた時、その災害を回避できるためのノウハウを生かしてくれる工務店もあります。地元の工務店であれば、災害が起きたときに、傷んだ箇所の修理なども図面が会社に残っている場合もありますので、頼りになることが多いです。ハウスメーカーなどは、得意分野を分業する場合が多いので、工期がハウスメーカーよりは長いことが多いのがデメリットです。