屋根は、紫外線や熱、雨などが直接あたる過酷な環境のため、家の中で最も傷みやすい場所とも言えます。家を長持ちさせるためにも、早めにリフォームすることは大事です。
葺き替えは、屋根材を全て撤去し、新品の材料を取り付け、下に引いてある防水シートなども一緒に取り替えるため、防水性が上がります。また、葺き替える材料によって、軽くなったり、耐震化の強化にもつながり、屋根自体の性能が上がります。
葺き替えリフォームの種類は、伝統的な瓦、ストレート屋根、ガンバリウム鋼板があります。
瓦は、長く経っても色あせず、50年もつとされているほど耐久性も高いのですが、重量があるため耐震性が低いとされています。
ストレートは、瓦より安い費用で取り付けることができ、施工がしやすいため複雑な形の屋根にもすることができます。熱伝導率が低く耐火性に優れ、水や湿気に強い耐腐食性もあり、カラーバリエーションが豊富でデザイン性の高さがあるなどのメリットがある一方で、耐久性の低さがあげられます。
ガンバリウム鋼板は、金属のため軽く、耐震性は他のものより高いのですが、断熱効果や防音効果はありません