新築で注文住宅を建てる際の検討事項の一つが、「水まわり」です。

トイレやキッチンは、多くのメーカーが扱っているうえ、メーカーごとの種類もたくさんあります。

その中から希望に合った物を選ぶのは、かなり困難な作業です。

具体的には、以下のステップで進めて行きます。

「情報を集める」。

メーカーによって、「デザインを重視している」「機能を重視している」などの違いがあります。

業者だけでなく、実際に使った人にも訊くのがベストです。

「見積書を作る」。

システム構成は、オプションによって大きな差が出て来ます。

しかし、オプションは多くの種類があるため、まずは叩き台となる見積書を作ってもらいましょう。

その見積書に、追加の希望などがあれば、再見積もりを依頼します。

「見積もりの金額を比べる」。

システム構成と工事費などを合わせた見積金額を出してもらい、検討します。

業者によっては建築費に含めてくることもあるので、その場合は総額でジャッジしてください。